Wi-Ho!(ワイホー)で後悔しないための【お役立ち情報】

【Wi-Ho!(ワイホー)】の良いところや悪いところなど

こんにちは、最新の “お役立ち情報” をお伝えする「Recommend Style」の横山です。

今回は、人気の海外用レンタルWiFi【Wi-Ho!(ワイホー)】の良いところや悪いところなど、皆さんが後悔しないためのことをいろいろお伝えしたいと思います。

また、最後のほうで、キャンペーン情報もご紹介しますので、【Wi-Ho!(ワイホー)】で損しないためにも、どうぞお見逃しのないようにしてくださいね。

【Wi-Ho!(ワイホー)】とは?

Wi-Ho!は、海外用のレンタルwifiで、特に料金的が格安ということで非常に人気があります。

最近は、スマホの普及により、子供から年配の方を問わず誰もがインターネットを使う時代です。

いつでもどこでもインターネットにつながっていることはとても便利ですね。

その証拠に、どこを見渡してもスマートフォンをいじっている人がいます。

電車の中ではほとんどの人がスマートフォンの画面と睨めっこをしていて異様な光景と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、本当はいけないことですが、歩きながらでもスマートフォンを見ている人が多くいます。

このように、国内にいてもインターネットから常に情報を得ている生活なので、海外へ旅行へ行った場合にも、尚更インターネット接続が重要となってきます。

そこで便利なのが、海外用のレンタルwifiですね。

海外では基本的には短期滞在なので、レンタルwifiを利用すると、海外パケ放題より安い費用で自由にインターネット接続ができるので便利です。

今では多くの国でwifiが利用できるので、レンタルwifiは海外旅行に必須のアイテムとなっています。

【Wi-Ho!(ワイホー)】の料金プラン

Wi-Ho!の料金プランは、他社のレンタルwifiと同様に通信量や速度によって様々なプランが用意されています。

まずは、大きく二つにわけることができます。

それは、海外に一か国しか行かないのか、それとも、複数国に渡り滞在するのかです。

このように、一か国用プランか複数国用プランが用意されているのです。

どこの国で使えるのかというと、

「アジア」が、インド、インドネシア、カンボジア、シンガポール、スリランカ、タイ、ネパール、パキスタン、バングラディッシュ、フィリピン、ベトナム、マカオ、マレーシア、モンゴル、ラオス、韓国、香港、台湾、中国となっています。

「中東」が、アラブ首長国連邦、イエメン、イスラエル、カタール、サウジアラビア、トルコ、バーレーン、ヨルダンです。

「オセアニア」が、オーストラリア、ニュージーランド、フィジー。

「北米・グアム・ハワイ」が、アメリカ、アラスカ、カナダ、グアム、サイパン、ハワイ。

「中南米」が、アルゼンチン、ウルグアイ、コロンビア、チリ、パナマ、ブラジル、ベネズエラ、ペルー、メキシコ。

「ヨーロッパ」が、アイスランド、アイルランド、アルバニア、イギリス、イタリア、ウクライナ、エストニア、オーストリア、オランダ、カザフスタン、キプロス、ギリシャ、クロアチア、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、セルビア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、ルクセンブルク、ロシア。

「アフリカ」地域が、アルジェリア、エジプト、ガーナ、ケニア、ザンビア、タンザニア、チュニジア、ナイジェリア、モーリシャス、モロッコ、南アフリカ共和国となっています。

こうみると、ほぼ全世界を制覇といった感じで、Wi-Ho!の利便性がうかがえます。

そして、それぞれによって料金は異なります。

料金の説明の前に、wifiにおける基準となる単位についてみてみましょう。

wifiのようなインターネット接続では、特に速度が重要となります。

国内でもインターネット接続を利用している際によく経験しているでしょうが、速度が遅いと本当にイライラしてしまいます。

それが海外だと尚更で、すぐに知りたい情報が見ることができないということは不安に煽られてしまいますので避けたいところです。

Wi-Ho!が提供している速度サービスには3Gと4Gがあります。

後ろにGという文字が付いていますが、これはジェネレーションのGです。

つまり、第三世代、第四世代ということを意味しているのです。

これを見て想像できるように、数字が増えていくにつれて最新の技術ということになります。

第一世代は、当初のアナログ電波を利用してもので、初期の携帯電話で活用されました。

第二世代は、第一世代をデジタル化したもので、パケット通信ができますが、さらに効率よく通信できるようにしたものです。

そして、wifiでも使われているのが第三世代ですが、これは、高速通信を可能にしたもので、テレビ電話やマルチメディアなどの利用ができるようになったので、さらに進化したものとなっています。

当初はそれほど早いものでもなかったのですが、技術が発達して、高速化を実現するに至ったのです。

第四世代は、基本的な技術は第三世代と変わりはないのですが、超高速化を実現したものです。

料金についてですが、もちろん3Gに比べて4Gの方が高くなります。

しかし、料金を均一にさせるための工夫がされており、3Gでも大容量を扱えるようにしています。

ここで、容量の単位はMBやGBで表記されています。

Wi-Ho!で一般的なのがMBです。

MBが多い方が大容量の通信が可能となります。

例えば、一人で利用するよりも、家族で利用した方が通信料が多くなりますが、このように利用人数によってプランを決めることができます。

Wi-Ho!における最低の通信容量は250MBを確保しています。

これは一日あたりの容量で、とんでもない使い方をしない限り、一人や数人での旅行ではこの容量で問題ありません。

参考までに例をあげると、台湾ワイホー 4Gプラン・最低容量が250MBで一日当たりの料金が590円となっています。

これはプランの中で最安値です。

これが1GB/日になると、1090円となります。

アメリカでの4Gプランでは最低容量が250MBで、一日当たりの料金が750円となっています。

サイパンでは1280円です。

このように料金が違ってくるのは、国の通信事情が絡んでおり、割高になっているのです。

これらが一か国のWi-Ho!プランでした。

次に、複数国の周遊プランについて説明していきます。

周遊プランには、アジア周遊プラン、ヨーロッパ周遊プラン、世界周遊プランが用意されています。

アジア周遊プランでは、何か国旅行しても一台の端末で利用できて、さらに、定額料金でwifi接続をすることができます。

こちらも高速回線や大容量のプランが用意されており、目的に応じて選択することができます。

次に、ヨーロッパ周遊プランですが、こちらも大容量のプランも用意されています。

また、格安サービスも提供されていて、200MBのプランの場合、1180円から利用できます。

最後に世界周遊プランですが、利用できる国は90か国を越えています。

にもかかわらず、一台のルーターで利用することができるのです。

通常プランでも1380円からとなっており、他のサービスに比べると高額な料金となっていますが、一台で世界を回れるということはとても便利です。

当然ですが、3Gおよび4Gともに利用できて、様々な容量のプランも用意されています。

このように、Wi-Ho!ではどのプランでも多くの料金プランが用意されているのです。

【Wi-Ho!(ワイホー)】の利用方法!

Wi-Ho!の利用方法は、非常に簡単です!

まず、申込方法ですが、店舗にいかなくてもパソコンやスマートフォンからでも申し込むことができます。

そこからフォーマットに指示に沿って入力するだけです。

ここで、受け取り方法を選択することができます。

受け取りのタイプには、宅配で受け取る方法と、空港のカウンターで受け取る方法があります。

利用中に何か問題があれば、コールセンターがありますので、電話をかけると適切に対応してくれます。

旅行ではよくトラブルにあってしまいますので、使い方がわからなかったり、紛失してしまったり盗まれた場合には迷わず電話してみましょう。

それから、利用が終わって帰国すると返却するのですが、こちらも2つの返却方法があります。

空港のカウンターで返却する方法と、宅配で返却する方法です。

これらが一連の流れで、何も複雑なことがなく利用できるということが分かるでしょう。

では、Wi-Ho!の使い方を詳しく説明していきます。

Wi-Ho!のセットを受け取ると、Wi-Ho!の本体とACアダプタセットと変換プラグと取扱説明書が梱包されています。

 Wi-Ho!本体

 ACアダプタセット(ACアダプタ+マイクロUSBケーブル)

 変換プラグ(一部の国と地域のみ)

 取扱説明書


さらに、有料オプションを利用していると、有料のモバイルバッテリーやUSBカーチャージャーも付いています。

旅行先に着くと、wifiの設定をしていくのですが、まずは、ワイホーのルーターの電源を入れます。

これは、スマートフォンを起動させるように、電源ボタンを長押しします。

すると、1分ほどするとワイホーのルーターが起動します。

それから、お手持ちのスマートフォンなどの通信機器のWi-Fi機能をオンにします。

SSIDが表示されたら、ワイホーに記載されているWPAKEYを入力して接続します。

これで設定は完了で、あとはインターネットを自由に使用することができます。

ここで、気になるのが使用時間でしょう。

どれくらいでバッテリーがなくなるのか把握しておかなければ、いざ使おうとしたときにバッテリーが切れていて使用できないのであれば困ってしまいます。

しかし、ワイホーではそのような心配はありません。

一晩ワイホーを最大まで充電しておくと、一日中電源をオンにしていてもバッテリーは切れることがないので、安心です。

【Wi-Ho!(ワイホー)】の良いところ!

Wi-Ho!海外用レンタルWifiの良いところは、とにかく由緒あるサービスということでしょう。

今では多くの会社が参入しており、海外のレンタルwifiはとても多くあります。

そのせいで、どのサービスが良いのか分からずに、とりあえず一番安いところを選んでしまいがちです。

Wi-Ho!の場合、1970年代に設立されて、今なお多くの人に利用されていますので、それだけ信頼するに値する会社だということができます。

そのことから、顧客のことを第一に考えたサービスを提供しています。

その代表となるものが24時間サポートです。

Wi-Ho!では、機器を貸し出してあとは好きにしてくださいというシステムではありません。

旅行が終わるまで面倒を見てくれます。

今ではwifiは一般的な機器となっていますが、中にはこういった機器の操作に慣れていない人や、機械自体が苦手という人もいます。

そのような人のために、電話で丁寧に教えてくれるサービスがあります。

24時間いつでも電話対応が可能ですので、困ったことがあればすぐに電話で相談に乗ってくれます。

また、Wi-Ho!関連に限ってのことですが、旅行中のトラブルについても対応してくれます。

機器の調子が悪いことは当然ですが、壊してしまったり盗まれてしまった場合にでも対処方法について説明してくれます。

このように、海外で起きた何らかのトラブルに巻き込まれた際に相談に乗ってくれるのは非常にありがたいサービスです。

料金についても、レギュラー価格でも低価格を提供していますが、キャンペーンを利用すると、さらに格安で利用することができます。

これらのキャンペーンは、ホームページで確認できますので、見逃さずにチェックするといいでしょう。

最後に、返却方法が2種類あり、自由に選べるということです。

一番手っ取り早いことは、帰国してから空港のカウンターにて返却することです。

帰国したらもうWi-Ho!を使うことはありませんので、空港で返却できると便利です。

しかし、帰国時はあわただしいので、返却どころではないかもしれません。

翌日が仕事ですぐに帰宅しなければいけない場合もありますし、Wi-Ho!の存在を忘れていて、空港で返却できないこともあるでしょう。 その場合は、ポストで返却すれば大丈夫です。

【Wi-Ho!(ワイホー)】の悪いところ!

Wi-Ho!では、色々な便利なサービスが提供されていますが、それに伴って、もう少し便利になってくれたらなと感じる点もあります。

24時間受付の電話サービスがあるのですが、この通話料は無料ではありません。

各利用者が負担しなければいけないので、何度も電話をしていると、後で高額な請求が来たりする可能性があります。

この料金は国際価格ですので、いつもの感覚で電話をしようとするととんでもないことになってしまいます。

ですから、分からないといってすぐに電話をするのではなく、自分でも調べたうえで、それでもどうしようもない時だけ電話をするようにするといいでしょう。

ただ、万が一のことを考えると、たとえ通話料がかかるとしても、こういった受け皿が用意されてることは、不安が多い海外旅行では気持ち的には安心してWi-Fiが使えるのではないでしょうか。

また、空港での受け渡しや返却も便利なサービスなのですが、これはどこの空港でも返却できるということではありません。

返却可能空港はあまり多くなく、勘違いしてしまうケースがあります。

どこの空港でも返却できたらいいのですが、実は返却可能な空港が少ないのはデメリットになってしまいます。

空港で返却できたら無料ですが、あとで送る場合には有料となってしまいますので、こちらにコストがかかってしまい、後味が悪い旅行になってしまうのです。

ですから、利用する際には、最寄りの空港で受け渡しができるのか、返却もできるのかということを確認しておく必要があります。 この受け渡しは重要なことですので、きちんとホームページを見なければいけません。

デメリットというほどのことではありませんが、ほとんどの会社に共通して言えることで、機器を受け取るのが宅配の場合、前日に届きます。

このため、もうすぐ旅行に行くのに受け取れないと困ると焦ってしまいます。

このような不安な気持ちを抱えたくないのなら、空港で受け取ることを選択したほうがいいでしょう。

もしトラブルが発生したり、天候などの災害で宅配が遅延したらと思うと心配でなりません。

ですから、基本的には空港で受け取る方が賢い選択だと思われます。

【Wi-Ho!(ワイホー)】のキャンペーン情報♪

Wi-Ho!のホームページを見ると、色々なキャンペーンが実施されています。

このキャンペーンはとてもお得なサービスなので、見逃してはいけません。

例えば、Wi-Ho!の利用料金から最大30%も割引になるキャンペーンもあり、費用を大幅に節約できることになります。

これは、どこの国にいくのか、どのようなプランを選択するかによって、利用できる場合があるのです。

もし利用できるならば、このチャンスを逃さず利用してみましょう。

ただし、ここで一つ注意しなければいけないことがあります。

通常のように申し込みをしてしまうと、自動的にキャンペーンが適用されるわけではありません。キャンペーンを利用するにはキャンペーンページから申し込まなければいけないのでご注意ください。

海外用レンタルWi-Fiが初めての方、また、今まで使ったことのあるレンタルWi-Fiで不便を感じた方、どうぞこの機会にお勧めのWi-Ho!をお試しになってみて下さい♪


キャンペーンサイト

Wi-Ho!(ワイホー)のキャンペーンサイト


■LINK■